「筋肉をつける」ということ

2019年1月22日です。

何度かブログ投稿した気になってました!今回が2019年初投稿でした!笑

2019年の目標は週に一回はブログ更新するつもりでしたが、早速ダメでした!これからもっと私の考えなどを投稿できればと思っています。

今回のタイトル、ずっと書きたかった内容ですが、何を書こうか考えているうちに月日が経ってしまいました。

書き始めながら考えようと思い、書き始めます!

なので2019年1月の私の考えです。今後変わりましたらご了承を。

私の職業はトレーナーです。トレーニングを指導する人。トレーニングをすることで、筋肉をつけたり、強くしたりすること。

治療家ではありませんので、痛みを緩和させたり無くしたりするのを前提としたことはしておりません。もちろん、医者ではありませんので。

ただ、痛みを考慮したトレーニング指導はできます。結果的に痛みが緩和したり、予防になったりはします。

「筋肉をつける」ということ。

ほとんどの人が「筋肉をつけたい!」と思っているのではないでしょうか。

ただ、実際に「筋肉がつくほど努力している」人はかなり少ないと思います。

大袈裟に言うと、だいたいのことは「筋肉」で解決できます。

○痩せるため

筋肉がつくと代謝が上がって痩せやすく、太りにくくなります。ただし暴飲暴食をすると痩せれません。

○太るため

筋トレをすると身体の合成力が高まり体重は増えやすくなります。華奢な僕が今の体型を保ってるのもトレーニングをしているからです。

○痛みの緩和

膝が痛い、腰が痛いというのも、普段使っている関節が偏っている場合が多いです。使えてない関節を使って筋肉がつけば痛みを感じなくなるかもしれません。

○メンタルの安定

運動することでストレス発散できます。私にはかなりこの効果を感じます。忙しくてトレーニング出来ないでいると逆にイライラしてしまいがち。

○パフォーマンスアップ

書く必要のないぐらいですが、ほとんどのスポーツ競技者はその競技とは別にトレーニングをして筋肉をつけようと頑張っていますね。

○アンチエイジング

人間は20歳過ぎるとだいたい筋肉がなくなって、筋力も落ちてしまいます。

それを食い止めることができるので、筋肉をつけるというのは最大のアンチエイジングになると思っています。

などなど、たくさんの効果を期待できます。

「筋肉をつける」ために最も効率の良い運動は「筋トレ」です。

歩いて筋肉つきますか?という質問をよくされますが、歩くために必要な筋肉がつきますよ。とお応えしています。もうすでに歩けてる人にはそれ以上の筋肉はつきません。

走って筋肉つきますか?ということにも、走るための筋肉がつきます。

走ってない人が走るとかなり筋肉はつくと思いますが、すでに走っている人にはそれ以上に筋肉はつきません。

何歳になっても筋肉はつきます。

どこでもトレーニングはできます。

ご自宅でも、ジムでも。

ベストコンディションラボでは、自宅で出来ないような器具を使ってトレーニングが行えます。

ベストコンディションラボのお客様はご自分でトレーニング出来ない方が多数いらっしゃいます。(意志が続かないという意味で)

これからも「筋肉をつける」ことを仕事として頑張っていきます!

PAGE
TOP