変形性膝関節症を予防する方法~トレーニング編~

こんにちは。

 

今回も、前回のブログの続きです

 

変形性膝関節症を予防するためのトレーニングをお伝えしていきます!

 

setting(5×20 3セット)

・脚を伸ばして座ります(長座位の姿勢)

片方の膝裏にタオルやクッションを入れて少し膝を曲げた状態を作ります。

・膝裏をつけたまま足を上げます。

膝のお皿、つま先を天井に向けるようにしてください。

太もも前の内側に力を入れるように意識しましょう。

 

◯片足hip up(左右 15×3セット 

・両膝を立てて仰向けになります。

・片足は膝は浮かせた状態でお尻を上げます。

・つま先を内向きにすると効果は出やすくなります。

・太もも裏(特にもも裏の内側)に力が入ればOKです。

体がねじれない、膝が外や内に倒れない、腰を反らないように注意しましょう。

途中で腰が痛くなる方は無理をしないようにしてください。

 

内ももトレーニング(10×10 23セット)

・膝を立てて仰向けになります。

・膝横にクッションやミニボールを挟み10秒キープします。

・出来るだけ力を入れて挟みましょう。

 

いかかがでしょうか?

 

地味なトレーニングですが、ポイントを意識して行うことで

おのずと効果も出てきます。

 

 

前回のブログでもお伝えしましたが、ストレッチと同様筋力も左右差があれば怪我をしやすい状態になります。

自分の身体の中の左右差を無くしていきましょう!

 

◯やり方がわからない

◯身体が痛くて動けない

◯病院に行った方がいいのか分からない。

 

他にも身体の悩みがある方は、是非一度

体験を受けてみませんか?

 

ご希望がございましたら、

理学療法士が医学的根拠に基づいて

痛みの原因や身体の状態について詳しく

説明しつつトレーニング指導をさせていただきます。

 

Best Condition Lab 

理学療法士  佐藤 水紀

PAGE
TOP