神戸市東灘区の体幹パーソナルトレーニング、Best Condition Lab+の体幹トレーニング③

いきなり暖かくなって、いきなり桜が咲き乱れたと思ったら週末天気悪くて、お花見できるような状況じゃないですね。楽しみにしていた花見、残念でした。。。

 

今日は久しぶりに体幹トレーニングについて書いていきます!

 

今までに

「体幹トレーニング①体幹ってそもそもどこ?」

「体幹トレーニング②どうやったら鍛えられる?」

 

というような内容を書きました。ご興味ある方はよかったらご覧ください。

 

今日は「なぜ体幹トレーニングをするのか?」ということを書いていきますね。

 

体幹トレーニングをしたい!という方は、

・テレビなどのメディアで体幹、体幹と言われてるから

・ゴルフやテニスのインストラクターに「体幹使ってスイングしなさい」と言われてるから

・体幹を鍛えたらシェイプアップできそうだから

 

という方が多いと思っていますが、いかがでしょうか。

 

結論から言いますと、スポーツにおいて体幹を鍛えるとパフォーマンスは上がりやすくなります。

体幹を鍛えると、シェイプアップしやすくなります。

 

大事なのは、「体幹を使う、使えるようにする」ということです。

私の今の考えは、「体幹は使いにくい」です。むしろ「使えない」人が多い。

 

「末端は器用で弱く、体幹は不器用で強い。」

 

これに尽きると思っています。

 

例えば、末端である指先を動かすことは簡単ですよね?それでは体幹の筋肉である大胸筋を単体でピクピク動かせますでしょうか?広背筋をピクピク動かせるでしょうか?

 

トレーニングをしている方はこれができます。なぜできるかというと、トレーニングをして筋肉の動かし方を知っているから。神経伝達がうまく伝わっているからです。

 

 

理想は、意識しないで自然と体幹を使えたらいい。使えないから使えるように反復練習する。使えるようにトレーニングをする。普段動かさない筋肉を動かすことで、代謝があがる。体幹部分の筋肉が大きくなって代謝があがる。代謝があがることで有酸素運動をしなくても、エネルギーを消費しやすい身体になる。効率よくエネルギーを消費することでシェイプアップしやすい体、太りにくい体になる。

 

というのが体幹トレーニングをする理由でしょうか。体幹を使えるようになると、とても大きなパワーがでます。体幹の筋肉量はとても多いのに、ほとんどの人が使えないでいてます。だって使い方を知らない人のほうが多いですもんね。

 

img_9978

 

 

写真左はアームカール。上腕二頭筋の「腕」のトレーニングです。かっこよくポロシャツを「ピチピチ」で着たいという方、頑張りましょう!この時のウェイトは13.5㎏。私が頑張らなあかんやつです。

 

写真右側はワンハンドロー。広背筋メインで上腕二頭筋がサブのトレーニングです。逆三角形作りたい男性、キレイな背中・キュっとしたウエストにしたい女性、体幹を鍛えたい皆様、オススメトレーニングです。このときのウェイトは22.5㎏。楽々できます。引きつった笑顔でトレーニングできちゃいますね。笑

 

 

ぜひとも体幹を鍛えたい!話を聞いてみたい!という方はBest Condition Lab+にお越しください。もちろん、自宅で腕立て伏せ、腹筋、公園の鉄棒で懸垂ができる方、それも体幹トレーニングですのでご安心ください。

 

 

 

 

PAGE
TOP