変形性膝関節症を予防する方法〜ストレッチ編〜

こんにちは。理学療法士の佐藤です。

 

今回は、前回のブログの続きです

 

タイトルの通り変形性膝関節症を予防する方法について

お伝えしていきます。

 

実は、日頃から簡単なストレッチ、トレーニングを

行うだけで、変形を予防することができるんです!

 

現在、痛みがある方も痛みが緩和されるかも?

前回のブログでチェック項目に1つでも

当てはまるものがあった方は是非やってみてください!

 

◯膝のお皿のマッサージ

・脚を伸ばして座ります(長座位の姿勢)

・脚の力を抜き、お皿を手で掴み上下左右に動かします

脚に力が入っているとお皿は動きにくくなっているのでご注意ください。

前回のブログにも載せましたが、

 

お皿を上下左右に動かせられるようにしましょう。

膝に痛みがある方は、お皿の動きが硬くなっています。

左右で動きを比べたり、ご家族で比べてみてください!

 

 

◯膝裏のストレッチ(左右30×5セット

・脚を伸ばして座ります(長座位の姿勢)

・ハンドタオルを脚の裏に引っかけ、両手で持ちます。

・足首の力は抜いて、両手でタオルを手前に引いたままキープします。

・ふくらはぎ、膝裏が伸びていればOKです。

膝裏が床につくように目指しましょう!

 

いかがですか?

 

自分の左脚と右脚、家族の方と比べてみて違いはありましたか?

膝だけでなく、体は左右差が大きければ大きいほど

局所的なストレスがかかりやすく、痛みなどの

不調が出てきます。

 

まずは、自分の身体の中の左右差を無くしていきましょう!

◯やり方がわからない

◯身体が痛くて動けない

◯病院に行った方がいいのか分からない。

 

他にも身体の悩みがある方は、是非一度

体験を受けてみませんか?

ご希望がございましたら、

理学療法士が医学的根拠に基づいて

痛みの原因や身体の状態について詳しく

説明しつつトレーニング指導をさせていただきます。

 

Best Condition Lab 

理学療法士  佐藤水紀

 

 

https://www.instagram.com/p/BvTjgg8nzyW/?utm_source=ig_share_sheet&igshid=uomsslxegxhc

PAGE
TOP