【身体の変化を感じることの重要性】

こんにちは!

理学療法士の佐藤です。

 

暑い日が続いていますが、体調はいかがでしょうか?

しっかりと水分と塩分を補給して熱中症対策を心掛けてくださいね!

 

本日のブログの内容は

「身体の変化を感じることの重要性について」です。

これまで運動する機会が少なかった方の多くに共通していることは

身体の変化を気づくことが苦手だということです。

 

当店に体験で来られる方も多くも初めは身体の変化を感じることが

苦手な方が多くいらっしゃいます。

 

なぜ運動する機会が少ない方は変化を感じにくいのか。

 

それは、「筋肉は脳からの電気刺激で動いているから」です。

普段の生活の中で、必要最低限しか動いていない方は

筋肉へ電気刺激を送る頻度が低下してしまうため、筋肉まで伝達しにくくなります。

以下のような方は、身体の変化を感じにくい方なので注意が必要です。

 

①トレーニングをしている最中に力が入っているか分からない

②動きが硬い(ぎこちない)とよく言われる

③自分の姿勢がどのようになっているのか指摘されるまで気づかない

④肩こりなどを第3者からよく指摘されるがあまり感じた事がない

 

当てはまる項目はありましたか?

これらの項目に当てはまった方が身体の変化を感じる事ができるには

トレーニングを継続して約1ヶ月程かかると言われています。

 

身体の変化を感じる事が出来なければ、③、④の項目のように

身体の不調にも気づく事が難しくなってきます。

「気付いた時には時すでに遅し」では困りますよね。

自分の身体は自分で守るしかありません。

 

僕らトレーナーだけがクライアント様の変化が分かっても喜びを分かち合えません。

体重などの数値も勿論ですが、姿勢や力の入りやすさ、出来なかったトレーニングが出来るようになったなど身体の変化が主観的に分かるようになればモチベーションも上がりますよね!

 

一緒に身体の変化を感じられるようトレーニングを頑張りましょう!

Best Condition Lab+

理学療法士  佐藤 水紀

PAGE
TOP