踵の痛みについて

こんにちは。

今日は踵の痛みについてお伝えします。

これまでに、長時間立ち仕事をしたり、歩いている時にだんだん踵が痛くなってくることはありませんか?

僕のお客様の中に踵が痛いっていう方が数名いらしゃっるので、このブログを読んでる方の中にもいるのではないでしょうか。

なぜ、踵が痛くなるのか?

原因は踵の組織にあります。

普段、歩く際に踵から地面に足を着きますよね?

その際、地面から大きな衝撃が足に加わります。

踵には、脂肪がたくさんあり、衝撃を吸収するクッションの役割を担っています。

「休憩すると痛みは治るけど、長い時間立ってられない。」

っていう方は、踵の脂肪が硬くなっている可能性があります。

脂肪が硬くなると衝撃を吸収することが出来ず、踵が痛くなったり膝や股関節などにも負担がかかりやすくなります。

踵が硬いかどうか分からないという方は左右で比べてみるか、ご家族で比較してみてください。

一つの基準として、踵の脂肪をつまめるかどうか。

つまめないという方は硬い方が多い印象です。

踵が痛い方、硬いかなと感じる方は、踵のマッサージをしっかり行いましょう。

脂肪を集めるようなイメージで踵の周りから中心に向かってつまむようにマッサージを行います。

これを繰り返すことで、踵の痛みは軽減すると思いますのでぜひ一度試してみてください。

※今回の踵の痛みに関しては休憩すれば治る程度のものに関してです。

痛みが強い場合、腫れている場合はマッサージしないようにしてください。

Best Condition Lab+では、お客様の痛みに関してもコンディショニング、運動指導を行っております。医学的根拠に基づいて指導させていただきますので、体の不具合や痛みの悩みがある方、お待ちしております。

Best Condition Lab+

理学療法士 佐藤 水紀

PAGE
TOP